早期肺がんに関するレーザー治療<光線力学療法(PDT)>考案者、第一人者
日本肺癌研究センター センター長
新座志木中央総合病院 名誉院長

早期肺がんに関するレーザー治療<光線力学療法(PDT)>
考案者、第一人者、日本肺癌研究センター センター長、新座志木中央総合病院 名誉院長

加藤治文の肺がん相談室

Dr.加藤にメール相談する

ご挨拶

肺がんに罹って治療に困っている方は年々増加しています。
このような方に肺がんの対処方法について少しでもお役に立てることができればと
考え、私の50年に及ぶ経験をもとにホームページを立ち上げました。

肺がんの増加は、我が国に限らず世界的な傾向です。
特に、大気汚染がひどい中国では深刻な問題です。
肺がんは四半世紀前まででは手術以外に治ことのできない病でした。
最近は、新規抗がん剤、分子(遺伝子)標的薬剤、免疫治療薬などの開発で
進行肺がんでも治療効果が期待できるようになってきました。
しかし、まだまだ色々な課題も少なくなく、今後さらに研究が進み解決されていくでしょう。

2016年12月に肺がん研究の総本山である国際肺癌学会(IASLC)の第17回
世界肺がん会議(WCLC)がウイーンで開催されましたが、この会議では
最新の研究、肺がん検診、診断と治療が話題になりました。
確かに肺がん研究は進みつつありますが、肺がんから身を守るためには、
何といっても予防、早期発見そして早期治療です。
この原点は今も変わることはありません。

2017年3月
日本肺癌研究センター センター長
加藤 治文